VOL. 044

人にも海にも、もっとやさしく。
「サンゴに優しい日焼け止め」とのスペシャルセットとともに
夏の限定カラー「coral collection」が登場

UPDATE

サステナビリティが日本でも浸透をみせているこの頃。環境に配慮した商品が増え、無理なく手にとったり楽しむことができるようになってきました。オーガニックコットンから生まれたヒポポタマスのタオルをご利用いただいている皆さまのなかにも「もっと地球にやさしい製品を選んでいきたい」「環境に良いものを身近に取り入れたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

Journal|夏の限定カラー「coral collection」。

この夏のヒポポタマスは「ecological coral」というテーマを通じて、サンゴ礁の豊かでうつくしい海模様をカラーパレットに展開。明るいコーラルピンクから深みのある海洋ブルーまで、ツートーンでデザインされたミニバスタオルを販売いたします。

また、沖縄生まれのプロダクト「サンゴに優しい日焼け止め」とコラボレーション。両ブランドとも環境に配慮したアプローチをおこなっていることから実現した、スペシャルなセットをご用意しました。

Journal|10月10日は赤ちゃんの日。

創業者の金城由希乃さんは、子どもの頃から沖縄に生まれ育ち、世界の平和について考える機会が多かったなか、自然を守ることに関しても声高に発信していくことの大切さを感じているといいます。

「ダイビングをされる方から日焼け止めの成分がサンゴに悪影響であると聞き、それがきっかけで誕生したのが「サンゴに優しい日焼け止め」です。サンゴを取り巻く問題は、日焼け止めだけでなく、観光地での踏みつけや水質汚染、開発や地球温暖化と多様にあることも合わせて知っていただけると嬉しいです。
この日焼け止めは、お肌に優しい成分だけでできています。日焼け止めに規制のかかった海外のビーチでも使えるほか、日常使いにもおすすめ。ヒポポタマスのアイテムは、使っていると糸の一本いっぽんからパワーをもらえる気がしています。ヒポポタマスとの優しい生活に、サンゴに優しい日焼け止めも加えてもらえたら」と、メッセージをいただきました。

Journal|10月10日は赤ちゃんの日。

サンゴ礁をイメージした「coral collection」は3種類を展開。愛らしいサンゴの刺繍がワンポイントに入っています。「サンゴに優しい日焼け止め」とのコラボセットは、ギフトラッピングも承りますので、リゾートやアウトドア好きな方、海外旅行を予定されている方などへの贈り物としてもおすすめです。

金城由希乃
株式会社マナティ代表取締役
沖縄県沖縄市出身。海の環境保全活動の一環として化粧品等の商品開発・販売を手掛け、2017年「サンゴに優しい日焼け止め」の企画販売を開始。2020年から地域とビジターを繋ぐ「プロジェクトマナティ」を立ち上げ、いつでも気軽クリーンアップでき、地域の人と繋がるプロジェクトを始動。協力拠点が90箇所に広がり、エシカルツーリズム、地域が立ち上がる地方創生のモデル作りを実践中。

PAST JOURNAL