VOL. 015

カバの日、その素顔に魅せられて

UPDATE

2月15日は「世界カバの日(World Hippo Day)」。
ブランド名であり(ヒポポタマス=カバ)、エンブレムとしてアイテムを彩っている動物ですから、わたしたちにとっても特別な1日です。

水辺を好み、1日のほとんどを川や湖の中で過ごすため、物語の世界ではおっとりしたキャラクターで描かれることの多い動物ですが、実際は全く異なり、パワーに溢れ知的さものぞかせるといいます。 今回のコラムでは、ワールド・ヒッポ・デイにちなんで、カバのさまざまな側面に触れてみたいと思います。

【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】|世界カバの日 World Hippo Day

クジラとカバは仲間だった

カバの特徴といえば、やはり大きな口と、つるりとした巨体でしょう。分類学でいうと鯨偶蹄目。最近の研究では、クジラに一番近い動物はカバで、祖先が近縁であることがわかってきました。確かに、ツルツルとした無毛の皮膚や、ほぼ一日中を水中で暮らしつつ、出産も水の中で行うことなど、二つの哺乳類には共通項がたくさん。かつてクジラは4本足だったとされており、水陸領域を行き交う、まさにカバと似た暮らしぶりだったようです。

そんなカバは、水の中での暮らしに適応した身体的特徴があります。筋肉が発達した耳や鼻をピタリと閉じ、5、6分ほど潜っていられること。皮膚が厚く3〜5cmもの脂肪を蓄えており水に浮きやすいこと。さらには、鼻・耳・眼が一直線に並んでいるため、水中から顔をちょっとだけ出し、周りを偵察できること。(まるで忍者かスパイみたいで可愛いですよね。) また、毛のない皮膚を日焼けから守るため、赤い汗のような物質で保湿・殺菌していることもわかっています。

動物界最強と言われるわけ

昼間はほぼ水の中にいるカバも、日暮れの頃には草を食べるために陸へ移動し、一晩で約35キロもの草を食べます。しかし、油断は禁物。陸上で脅威を感じると一目散に走って逃げます。そのスピードは約30〜40km。時には50km/といい、人間に匹敵するほどの速さ。水中では天敵らしい天敵はおらず、陸でも素早く動ける。カバが “動物界最強”という説があるのも、合点がいきます。

【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】 |世界カバの日 World Hippo Day

古代エジプトでは出産の神

少し趣向を変えて、古代にも目を向けてみましょう。「タウエレト」とは、カバの姿をしたエジプト神話の女神。 家庭と出産を守る象徴と考えられ、枕やベッド、ミルクの壷などには、カバのモチーフが好まれたといいます。子供を生み育てる優しさだけでなく、ライオンでさえも追い払う力を有している神だったとされ、まさに、水中では穏やかさを見せ、陸では猪突猛進に走るカバの特徴をよく捉えた神だと言えます。

そんな個性あふれるカバに魅了され、作品に書き綴る人も。俳人の坪内稔典は、カバを詠んだ句の多さで知られています。 【桜散る あなたも河馬に なりなさい】は、桜の木の下で悠然と泳ぐカバが目に浮かぶような一句。本物のカバを見に、動物園へ足を運びたくなったのではないでしょうか。

【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】| 世界カバの日 World Hippo Day

エンブレムにもご注目を

ヒポポタマスのネーミングは、創業者が子供の頃からカバが大好きだったことに由来しています。考えてみれば、水を好むというところはカバもタオルも一致しています。ワールド・ヒッポ・デイの今日は、ぜひお手持ちのタオルのタグにも注目してみてください。

ソフトトイ S 【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】今治 オーガニックタオル
SOFT TOY S
¥2,750(税込)
ソフトトイ M 【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】今治 オーガニックタオル
SOFT TOY M
¥5,500(税込)
ソフトトイ L 【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】今治 オーガニックタオル
SOFT TOY L
¥27,500(税込)
ギフト – ソフトトイ S×1【HIPPOPOTAMUS|ヒポポタマス】今治 オーガニックタオル
GIFT - SOFT TOY Sx1
¥2,970(税込)

PAST JOURNAL